水環境学会誌
Online ISSN : 1881-3690
Print ISSN : 0916-8958
研究論文
緑藻Pseudokirchneriella subcapitataへの抗菌性物質の単独および複合毒性
八木 聡川上 北斗藤原 拓真石川 奈緒伊藤 歩笹本 誠海田 輝之
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 39 巻 3 号 p. 63-70

詳細
抄録

10種類の抗菌性物質 (セファゾリン, アモキシシリン, オキシテトラサイクリン, ドキシサイクリン, タイロシン, リンコマイシン塩酸塩, オキソリン酸, スルファモノメトリキシン, エンロフロキサシン, トリメトプリム) に対する緑藻Pseudokirchneriella subcapitataへの短期毒性試験を行い, EC50を求めた。既存の研究から他の種等により求められたEC50と本研究で求めたEC50から, 各抗菌性物質の作用機序とP. subcapitataに対する生長阻害との関係について検討した。また, エンロフロキサシンとスルファモノメトキシン, およびエンロフロキサシンとリンコマイシンとの混合液について同様の短期毒性試験を行い, 各抗菌性物質のEC50の濃度をToxic Unit (TU) 1とし, 二種類の抗菌性物質の混合TU比を数段階設定して毒性試験を行い, それぞれの生長阻害率を求めた。その結果, 上記の2つの混合系においては, 毒性は相加作用を示すことが明らかとなった。

著者関連情報
© 2016 公益社団法人 日本水環境学会
次の記事
feedback
Top