水環境学会誌
Online ISSN : 1881-3690
Print ISSN : 0916-8958
ISSN-L : 0916-8958
技術論文
銅合金製ストレーナーによるカワヒバリガイ除去効果に関する検討
小林 卓也中野 大助小坂 宏史斎藤 晴夫松本 寛
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 40 巻 2 号 p. 77-85

詳細
抄録

淡水域の付着汚損生物である特定外来生物カワヒバリガイ (Limnoperna fortunei) の利水施設への流入防止技術の一つであるストレーナーに関して, ろ過面へのカワヒバリガイの付着による機能低下を防止するために, 付着忌避素材である銅合金のろ材としての適用可能性について検討した。カワヒバリガイが生息する群馬県富岡市の大塩貯池において, 白銅および黄銅合金をろ材とした自動逆洗ストレーナー (設計ろ過粒度30 μm) による通水実験を実施した。その結果, いずれの銅合金の場合も, 浮遊幼生の流入にともなうろ過面およびストレーナー下流配管へのカワヒバリガイの付着は認められなかった。以上より, 銅合金がカワヒバリガイ対策のろ材として利用可能であることが確認された。一方, ストレーナー通水部で酸化被膜の破壊による減耗の発生が確認され, 銅合金の適用には腐食対策が必要となることが明らかになった。

著者関連情報
© 2017 公益社団法人 日本水環境学会
前の記事 次の記事
feedback
Top