J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

第18回廃棄物学会研究発表会
セッションID: P1-A3-9

記事言語:

http://doi.org/10.14912/jswmepac.18.0.29.0

A3 ごみ発生・性状/物質フロー解析
主催: 廃棄物学会
  • 抄録

使用済みパソコンについて、日本における家庭用パソコンのリサイクル制度の施行前と施行後のマテリアルフローを、マテリアルフローデータにおける誤差を最小化することによって推定した。また、日本でリユース(再使用)されるパソコンと中古品として輸出されるパソコンの台数についても推定した。推計結果から、デスクトップパソコンに比べてノートパソコンの方が国内でリユースされやすいこと、2001年から2004年にかけて増加した排出台数2590千台はほとんど国内廃棄物処理ではなくリユースされており、リユース分も多くが輸出されていることが明らかになった。家庭やリース・レンタル会社から古物商へ引き取られる量が増えており、それが輸出台数増加につながっていると考えられた。

Copyright © 2007 一般社団法人 廃棄物資源循環学会

記事ツール

この記事を共有