紙パ技協誌
Online ISSN : 1881-1000
Print ISSN : 0022-815X
ISSN-L : 0022-815X
家庭紙特集
クレーピングに影響を与える要因とマシン特性に適した解決法
西向 淳吾土田 人史仲井 菜緒花
著者情報
ジャーナル 認証あり

2020 年 74 巻 5 号 p. 463-467

詳細
抄録

衛生用紙産業(ティッシュペーパー,トイレットペーパー,タオルペーパー)は,生活必需品としての安定した需要と訪日外国人の増加によるインバウンド効果から,堅調に成長を続けている分野である。衛生用紙の安定操業および品質向上において,クレーピングは非常に重要な要素であるが,様々な要因に影響を受けるため,管理が難しい。そこで,伯東では,クレーピングに最も影響を与えるコーティング被膜の性能を数値的かつ視覚的に捉えるような手法を考案した。これらの手法は,コーティング被膜の品質管理を簡便化させ,実機で起こる現象への理解を深めることができるものと期待される。

また,これらの手法を用いてクレーピングに影響を与える変動要因に強い薬剤を設計し,開発に取り組んだ。従来品に比べ,接着力と膜硬度が変化しづらいハクリード800シリーズは,水分変動の大きいマシンで,紙の操業安定化とクレーピング品質向上に貢献できた。

著者関連情報
© 2020 紙パルプ技術協会
前の記事 次の記事
feedback
Top