紙パ技協誌
Online ISSN : 1881-1000
Print ISSN : 0022-815X
ISSN-L : 0022-815X
総説・資料
PCMC最新鋭リワインダー「Paragon」
—Paragon Winding—
樫部 泰平
著者情報
キーワード: O4巻取
ジャーナル 認証あり

2022 年 76 巻 2 号 p. 125-128

詳細
抄録

PCMC社は,ロール状製品(トイレットペーパー・キッチンペーパー等)製造加工用のリワインダーForteに改良を加え,この度,最新鋭のサーフェイスリワインダー「Paragon」を開発販売開始した。従来のForteサーフェイスリワインダーのユニークなワインディング技術を踏襲する一方,加工用のローワーロールを廃止し,新たにベルトによるサポート方式を採用した。紙管の挿入も重力に逆らわず,上から下方向に変更し,全ての動きが自然に流れるように考慮されている。

また,創業以来PCMCが得意としてきたセンターワインダーの経験を活かし,これまで,全く別の技術とされてきたサーフェイスリワインダーとセンターリワンダー技術の融合に成功した。これまで,紙管を外側から押さえるガイドのような機構は存在したが,本技術はそれらとは似て非なるものである。PCMCではそれを「Paragon Winding」と呼称したい。

Forteリワインダーのオープンなデザインはそのままであり,複雑な機構がなく,少ない部品点数により,部品の状態や各箇所の稼働状況が把握しやすい。機械内部には油圧やグルー等液体がなく,生産現場にクリーンで高効率な作業をもたらす。

本稿では,生産現場における高品質製品の安定生産に寄与すべく革新的でかつ特徴的な本技術をご紹介したい。

著者関連情報
© 2022 紙パルプ技術協会
前の記事 次の記事
feedback
Top