組織培養研究
Online ISSN : 1881-3704
Print ISSN : 0912-3636
ISSN-L : 0912-3636
総説
マウスES細胞由来神経堤細胞の毒性評価系応用への可能性
三村 純代相原 祐子木村 直大菅 三佳平田 みつひ林 洋平浅島 誠岡本 哲治二川 浩樹古江-楠田 美保
著者情報
キーワード: 神経堤, ES細胞, 無血清培養, BMP4
ジャーナル フリー

2011 年 30 巻 2+3+4 号 p. 159-168

詳細
抄録

口唇口蓋裂は先天異常のひとつであるが、その原因のひとつに妊娠時服用の薬剤による影響が考えられている。しかし、口唇口蓋裂を予測できるin vitro毒性評価法が開発されていない。顎顔面領域の発生メカニズムが十分に解明されれば、in vitroアッセイ系を確立できると考えられる。我々は、マウス胚性幹(ES) 細胞から顎顔面領域の発生に重要な神経堤への分化誘導を検討した。その結果、既知の成分からなる無血清培地を用いた二次元培養により、マウスES細胞から神経上皮を経て神経堤へ分化誘導するプロトコールの開発に成功した。我々の開発した二次元分化誘導法は添加因子の影響を正確に解析でき、顎顔面領域の発生メカニズムの解明や毒性評価法の開発に寄与できる可能性が期待できる。ここで、その方法について概説する。

著者関連情報
© 2011 日本組織培養学会
前の記事
feedback
Top