組織培養研究
Online ISSN : 1881-3704
Print ISSN : 0912-3636
ISSN-L : 0912-3636
原著論文
変形性関節症および関節リウマチ患者由来ヒト滑膜細胞の軟骨分化能
大西-笠松 礼小阪 拓男佐藤 元信山田-内尾 こずえ吉田 東歩小原 有弘
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2017 年 36 巻 1 号 p. 1-11

詳細
抄録

我々は、変形性関節症(OA)および関節リウマチ(RA)患者の滑膜組織から滑膜細胞を調製し、分譲している。ここに本細胞の軟骨分化能を調べ、間葉系幹細胞(MSC)としての研究利用について検討した。OAおよびRA由来滑膜細胞は、分化誘導試薬を添加し三次元培養した。形成されたOA由来滑膜細胞のスフェロイドの直径は対照と比べて 1.3 mmに増大し、軟骨分化マーカーのアグリカン、II型コラーゲンおよびSOX9 mRNAの発現が全て増加し、II型コラーゲンタンパク質も産生していた。一方、RA由来滑膜細胞のスフェロイドは、大半がOAと同様に直径が増大し軟骨分化マーカーを発現するが、一部は直径が縮小し、それらのアグリカンmRNAは検出されたがII型コラーゲンの発現はみられずSOX9 の発現も増加しなかった。以上より、RA由来滑膜細胞の軟骨分化能は試料間に差があるが、OA由来滑膜細胞は安定して高い軟骨分化能を持つことが示唆され、MSCとして軟骨分化に関する研究に有用であることが示された。

著者関連情報
© 2017 日本組織培養学会
feedback
Top