Journal of UOEH
Online ISSN : 2187-2864
Print ISSN : 0387-821X
ISSN-L : 0387-821X
[総説]
種々の薬剤によるノルエピネフリントランスポーター機能に及ぼす影響
佐藤 教昭豊平 由美子高橋 圭太柳原 延章
著者情報
ジャーナル フリー

2015 年 37 巻 1 号 p. 33-42

詳細
抄録

ノルエピネフリントランスポーターは,ノルアドレナリン作動性神経終末に選択的に発現し,ノルエピネフリンの作用を空間的および時間的に制御する.ノルエピネフリントランスポーターは細胞外環境へ放出されたノルエピネフリンの再取り込みを介して神経伝達の終結を調節する.本稿では,ノルエピネフリントランスポーター機能に対するfasudil, nicotine, pentazocine, ketamine, genisteinなどの薬剤の影響について,最近得られた知見を紹介する.

著者関連情報
© 2015 産業医科大学
前の記事 次の記事
feedback
Top