住宅総合研究財団研究論文集
Online ISSN : 2423-9887
Print ISSN : 1880-2702
『門葉記』所収指図研究
尊円入道自筆本の調査を通じて
伊藤 瑞恵藤井 恵介藤原 重雄
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2005 年 31 巻 p. 207-216

詳細
抄録

 南北朝期に編纂された,青蓮院流の記録集である『門葉記』は,中世建築指図を多数含む,中世建築史上重要な史料である。青蓮院に尊円親王自筆本を主とする原本州伝来しているが,流布している図版は写本によるものであるため,原本図版による指図集を作成し,指図研究の基礎史料とする。『門葉記』修法記録のデータベースを作成し,図版整理に活用する。同じく代々青蓬院門主に伝領されてきた『吉水蔵聖教』についても,指図を抽出し,図集を作成する。『吉水蔵聖教』指図と『門葉記』指図とを比較し,両者の書写関係を明らかにすることによって,『門葉書割の指図作成過程を考察し,『門葉記』の指図の特徴を多角的に論じる。

著者関連情報
© 2005 一般財団法人 住総研
前の記事 次の記事
feedback
Top