住宅総合研究財団研究論文集
Online ISSN : 2423-9887
Print ISSN : 1880-2702
住宅戸数密度による居住地像の研究
佐藤 圭二海道 清信浦山 益郎天野 ゆか鶴田 佳子石田 富男松山 明石原 宏
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2006 年 32 巻 p. 57-68

詳細
抄録

 本研究の目的は「住宅の戸数密度を基本指標として土地利用の計画を立てそれに基づいて住宅地像を描く手法を開発すること」である。研究は,①住戸密度計画の具体性と現実性を示すためにイギリスの開発許可とデザインガイドの制度を把握する,②住戸密度による住宅地像の把握および土地剰用計画としての住戸密度指標の可能性を検討する,③地区レベルの計画として住戸密度による居住地像設定とデザインガイドの有効性を検討する,を行った。結果として,イギリス都市計画における住宅戸数密度の役割が明らかになり,また,目本の土地利用計画技術および住宅地のデザインガイドの基礎として住戸密度が重要な役割を持つことが明らかになった。

著者関連情報
© 2006 一般財団法人 住総研
前の記事 次の記事
feedback
Top