獣医麻酔外科学雑誌
Online ISSN : 1349-7669
Print ISSN : 0916-5908
短報
外科的整復を試みた犬の頚部肺ヘルニアの1例
大久保 雄作三品 美夏渡邊 俊文
著者情報
ジャーナル 認証あり

2012 年 42 巻 3+4 号 p. 45-49

詳細
抄録

慢性の発咳と呼気時の頚部腹側の膨隆を主訴に来院した、11歳齢、雄のペキニーズに対して画像診断を行った結果、動的頚部肺ヘルニアと診断した。胸骨頭筋を利用した手術法とポリプロピレンメッシュを利用した手術法を用いて、2度にわたる外科的整復を試みた。その結果、肺ヘルニアの完全整復には至らなかったものの、術後補助的なコルセットを装着し、肺の突出を抑えることで良好な結果が得られた。

著者関連情報
© 2012 獣医麻酔外科学会
前の記事
feedback
Top