日本獣医師会雑誌
Online ISSN : 2186-0211
Print ISSN : 0446-6454
ISSN-L : 0446-6454
西日本で発生した旋毛虫症について
片桐 誠二富内 侃世古 佳文
著者情報
ジャーナル フリー

1984 年 37 巻 11 号 p. 741-744

詳細
抄録

1981年12月12日, 四日市市内のM旅館で冷凍熊肉を生食した5名のうち4名が, 1981年12月27日から1982年1月10日にかけて痒み, 発疹, 筋肉痛, 顔面浮腫等の症状を呈し, 津市内の病院で診察の結果, 旋毛虫症の疑いがもたれた. そこで, M旅館に残存した熊肉を検査したところ, 旋毛虫 (Trichinella spiralis) を確認した. また, この熊肉の流通状況, 摂食状況を調査し, 旋毛虫症の疑いのある者413名全員に個別にアンケートし, 全員の採血をし, 血清検査をした結果, 津市内の病院の患者を含め60名が陽性と判定された. 熊肉は, 兵庫県, 京都府山中で狩猟されたツキノワグマ (Selenarctos thibetanus) で, 凍結状態 (-15℃~-30℃) で流通し, M旅館でサシミとして提供されたものであった.

著者関連情報
© 社団法人 日本獣医師会
前の記事 次の記事
feedback
Top