日本獣医師会雑誌
Online ISSN : 2186-0211
Print ISSN : 0446-6454
キャットフードに起因した猫のビタミンD過剰症
佐藤 れえ子山岸 浩之内藤 善久村上 大蔵大島 寛一高木 久藤田 茂佐々木 重荘
著者情報
ジャーナル フリー

1993 年 46 巻 7 号 p. 577-581

詳細
抄録

1990年5~7月. キャットフードによるビタミンD中毒が疑われた猫4頭について, 血中ビタミンD代謝産物濃度とキャットフード中のビタミンD含有量を測定し, 石灰沈着との因果関係を追究した. また, 4頭の実験猫を用いてそのキャットフードによる給与試験を実施した. 全症例は同一市販キャットフードを主体に飼育され, 症例1と2は尿毒症に陥っていた. 血漿Ca濃度は症例1の初診時を除き全症例で11mg/dl以上を, また25 (OH) D濃度は100ng/ml以上を呈した. 死亡例では全身性の石灰沈着が著明に認められ, 上皮小体の萎縮が観察された. いっぽう, キャットフード中のビタミンD含有量は5, 290IU/100gと異常な高値を示し, キャットフードの給与試験では給与開始後血漿25 (OH) D濃度は著しく上昇しCa濃度も増加した.

著者関連情報
© 社団法人 日本獣医師会
前の記事 次の記事
feedback
Top