日本獣医師会雑誌
Online ISSN : 2186-0211
Print ISSN : 0446-6454
ISSN-L : 0446-6454
豚からのBordetella bronchepicaおよびPasteurella multocidaの分離
牛島 稔大河合 透長尾 和哉高瀬 公三種子野 章山田 進二
著者情報
キーワード: 凝集抗体,
ジャーナル フリー

1994 年 47 巻 6 号 p. 390-393

詳細
抄録

熊本県および大分県内の6養豚場における2週齢豚26頭, 4週齢豚29頭および8~12週齢豚48頭, 計103頭について鼻粘膜から Bordetella bronchseptica (Bb) および Paseurella multocida (Pm) の分離を試みBb凝集抗体価を測定した. Bbは103頭中26頭から分離され, 菌分離陽性例の凝集抗体価は1: 160以下であった. Pmは103頭中55頭から分離され, 菌分離陽性例のBb凝集抗体価は1: 20未満から1: 1, 280であった. 経時的にみると, Bb分離以前にPmが分離される豚群が認められ, Bbの先行感染がなくPmの鼻粘膜定着がおこる例のあることが示唆された.

著者関連情報
© 社団法人 日本獣医師会
前の記事 次の記事
feedback
Top