日本獣医師会雑誌
Online ISSN : 2186-0211
Print ISSN : 0446-6454
ISSN-L : 0446-6454
セラメクチンによるイヌセンコウヒゼンダニ感染症例の治療
村岡 登伊藤 直之青木 美樹子板垣 匡
著者情報
ジャーナル フリー

2006 年 59 巻 2 号 p. 131-133

詳細
抄録

イヌセンコウヒゼンダニ (Sarcoptes scabiei var. canis) の寄生による激しい掻痒をともなう皮膚病変を特徴とした犬通常疥癬の7症例に対して, セラメクチンを体重1kg当たり6.0~11.0mgの投与量で肩甲骨間の皮膚に1回滴下した. その結果, 30日後には全症例でイヌセンコウヒゼンダニが陰性となり, 掻痒は消失して皮膚病変の改善が認められた. これらの症例について1年間経過を観察したが, 再発は認められなかった. また, セラメクチン投与による皮膚および全身的な副作用はいずれの症例においても観察されなかった. 以上のことから, セラメクチンの1回投与でも十分に犬疥癬の治療が可能であることが示唆された.

著者関連情報
© 社団法人 日本獣医師会
前の記事 次の記事
feedback
Top