日本獣医師会雑誌
Online ISSN : 2186-0211
Print ISSN : 0446-6454
ISSN-L : 0446-6454
犬の膀胱に発生した胎児型横紋筋肉腫の1例
湯木 正史棚橋 咲子太田 喜章町田 登
著者情報
ジャーナル フリー

2008 年 61 巻 7 号 p. 553-556

詳細
抄録

17カ月齢, 雄のウェルシュ・コーギー・ペンブロークが血尿を主訴に来院した. 膀胱の超音波検査により, 膀胱壁の顕著な肥厚と, 粘膜面の凹凸不整が認められた. 対症療法として抗生物質, 止血剤等を投与したが, 明らかな改善は認められなかった. そこで膀胱壁の一部を全層性に採取して病理組織学的検索を実施したところ, 胎児型横紋筋肉腫と診断された. 本例は初診から約2カ月という短い経過で死の転帰をとった.

著者関連情報
© 社団法人 日本獣医師会
前の記事 次の記事
feedback
Top