Journal of Veterinary Medical Science
Online ISSN : 1347-7439
Print ISSN : 0916-7250
ISSN-L : 0916-7250
ネコ免疫不全ウイルスの生物学的性質
宮沢 孝幸見上 彪
著者情報
ジャーナル フリー

1993 年 55 巻 4 号 p. 519-526

詳細
抄録

ネコ免疫不全ウイルス(feline immunodeficiency virus: FIV)は, 1986年に後天性免疫不全症候群(エイズ)様症状を呈するネコから初めて分離された. このウイルスは, ヒ卜のエイズの原因ウイルスであるヒト免疫不全ウイルスと, 多くの共通する性質をもっており, レトロウイルス科レンチウイルス属に分類されている. FIVの発見以来多くの研究者が, 臨床的, 生物学的, そして遺伝学的側面からこのウイルスの研究を精力的に進めている. 本総説では, 我々と他のグループの最新の結果を踏まえ, FIVの性質を, 形態学的, 生化学的および生物学的にまとめた. さらにネコにおけるFIVの感染を, 免疫学的側面および臨床的側面から概括した.

著者関連情報
© 社団法人 日本獣医学会
次の記事
feedback
Top