Journal of Veterinary Medical Science
Online ISSN : 1347-7439
Print ISSN : 0916-7250
ISSN-L : 0916-7250
マウス肝炎ウイルス感染によるCD4+T細胞除去マウスおよび胸腺摘除マウスにおける抗ウイルス活性を持つCD11ahighT細胞の誘導
久和 茂町井 研士奥村 敦
著者情報
ジャーナル フリー

1996 年 58 巻 5 号 p. 465-467

詳細
抄録

マウスのマウス肝炎ウイルス感染において, 脾臓からのウイルス排除に重要な役割を果たしていると考えられるCD11ahighCD8+T細胞の誘導機序について検討した. CD4+T細胞欠損マウスおよび胸腺摘除マウスを用いた解析から, CD11ahighCD8+T細胞の誘導はCD4+T細胞や胸腺に依存していないことが示された.

著者関連情報
© 社団法人 日本獣医学会
前の記事 次の記事
feedback
Top