可視化情報学会誌
Online ISSN : 1884-037X
Print ISSN : 0916-4731
ISSN-L : 0916-4731
特集記事
航空宇宙分野におけるPSP/TSPの応用例と現状
永井 大樹満尾 和徳中北 和之杉岡 洋介小澤 啓伺依田 大輔
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2018 年 38 巻 148 号 p. 17-24

詳細
抄録

 感圧塗料(Pressure-Sensitive Paint, PSP)を用いた計測技術は,圧力分布計測における情報量の豊富さからすでに航空機開発における実用風洞試験においても活用されている.同じく感温塗料(Temperature-Sensitive Paint, TSP)においても,PSPの温度補正を行うために,航空宇宙分野で発展するとともに,極超音速で生じる空力加熱率の計測にも適用され,宇宙往還機の設計に資するデータベースへの活用が期待されている.

 本稿ではこれらPSP/TSP計測技術のstate-of-the-artな実応用を紹介する.また最後にヨーロッパにおけるPSP/TSPの航空宇宙分野における開発動向にも触れる.

著者関連情報
© 2018 社団法人 可視化情報学会
前の記事 次の記事
feedback
Top