木材学会誌
Online ISSN : 1880-7577
Print ISSN : 0021-4795
ISSN-L : 0021-4795
カテゴリーI
TOF-SIMSを用いたヒノキ古材の心材と辺材における無機成分の検出
齋藤 香織光谷 拓実松下 泰幸今井 貴規福島 和彦
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 59 巻 6 号 p. 353-360

詳細
抄録

心材と辺材は,心材成分の有無だけでなく,無機成分の分布も異なることが知られている。今回,表面分析法である飛行時間型二次イオン質量分析(TOF-SIMS)を用いて,木材伐採後何百年も経過した三十三間堂と法隆寺古材における,心材成分と無機成分の分布を調べた。ヒノキ心材成分であるヒノキニンの古材での分布は,伐採直後に凍結保存したヒノキと類似しており,心材と辺材部分が識別できた。これに対して古材の無機成分の分布は,凍結保存したヒノキにみられた顕著な増減の傾向と異なり,Na,K,Ca全てにおいて,心材に比べて辺材で高濃度になっていた。以上の結果から,木材伐採後の長期の自然乾燥により,心材と辺材の無機成分の濃度が変化することが示唆された。また,心材成分のほかに無機成分の分布に着目することによって,考古学における古材の伐採年代決定に重要な,心材と辺材の識別の新たな可能性について論じる。

著者関連情報
© 2013 一般社団法人 日本木材学会
前の記事 次の記事
feedback
Top