溶接学会全国大会講演概要
平成19年度春季全国大会
セッションID: 113
会議情報

温度依存型界面要素法を用いたT継手完全溶込み溶接時における高温割れの発生予測
野田 裕久柴原 正和正岡 孝治永木 勇人鷹羽 新二安田 修*芹澤 久村川 英一
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

裏はつりを省略したT継手完全溶込み溶接への適用が検討されている大電流パルスMAG溶接では、溶接条件や継手形状の選択により板厚25mm以上で高温割れの発生・非発生が混在する。 温度依存型界面要素を用いた高温割れ有限要素解析法により、高温割れの発生および進展を再現することができた。また、実験・解析より入熱量が比較的大きくかつ裏波が発生する場合に割れが発生し難いという知見を得た。

著者関連情報
© 2007 社団法人 溶接学会
前の記事 次の記事
feedback
Top