溶接学会全国大会講演概要
平成26年度秋季全国大会
セッションID: 431
会議情報

改良型深孔穿孔法を可能とする加工・計測法
高精度板厚内部残留応力測定法の開発
*河合 真二新堂 正俊山本 憲吾北野 萌一岡野 成威望月 正人
著者情報
キーワード: 深孔穿孔法, 残留応力, 厚板
会議録・要旨集 認証あり

詳細
抄録

従来の深孔穿孔法は、二次元体の弾性解析より導出された評価式が用いられているのに対し、改良型深孔穿孔法では、三次元応力状態および塑性変形を考慮しており、精度が向上する。本報では、改良型測定法を可能とするために新たに開発した加工および計測法について述べる。

著者関連情報
© 2014 社団法人 溶接学会
前の記事 次の記事
feedback
Top