溶接学会全国大会講演概要
平成28年度春季全国大会
セッションID: 104
会議情報

粒子法とX線その場観察を用いたステンレス鋼のレーザ溶接時におけるキーホール形成機構の基礎研究
*川人 洋介千村 伊作村川 英一片山 聖二
著者情報
会議録・要旨集 認証あり

詳細
PDFをダウンロード (1204K) 発行機関連絡先
抄録

本研究では,ステンレス鋼に対し,高輝度・高出力レーザによるメルトラン溶接を行い,X線その場透視観察法を用いてキーホール形成過程を高速度観察した.また,キーホール形成過程の粒子法に基づく数値計算結果とX線その場透視観察結果と比較することで,レーザ照射による温度変化や相変化,溶融部の挙動を明らかにするとともに,キーホール現象を特徴づける蒸発速度を示し,理論的な視点から,更なるキーホール解明を試みた.

著者関連情報
© 2016 社団法人 溶接学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top