溶接学会全国大会講演概要
平成28年度春季全国大会
セッションID: 432
会議情報

理想化陽解法FEMに基づく溶接変形解析の実機適用
*原田 貴明生島 一樹河原 充南野 寿造桑原 仁志加藤 大雄金武 完明
著者情報
会議録・要旨集 認証あり

詳細
抄録

大規模複雑構造物の溶接製作時の変形挙動を現実的な計算時間で解析可能な手法として理想化陽解法FEMが提案されている。本研究では、実用的に使用される部材の溶接変形の予測に対して理想化陽解法FEMを適用することで、理想化陽解法FEMの実機への適用性について議論する。

著者関連情報
© 2016 社団法人 溶接学会
前の記事 次の記事
feedback
Top