溶接学会全国大会講演概要
平成28年度春季全国大会
セッションID: 301
会議情報

インデンテーション法による応力‐ひずみ曲線の推定精度向上に向けた検討
*植屋 皓太岡野 成威今井 康仁瀬古 祐介望月 正人
著者情報
会議録・要旨集 認証あり

詳細
抄録

本研究では,異なる圧子半径を有する球圧子を用いて,インデンテーション法を用いた応力‐ひずみ曲線の推定法の精度について数値シミュレーションにより検討した.様々な材料物性における条件で解析した結果,応力‐ひずみ曲線の推定法に対して圧子半径や材料物性が及ぼす影響を定量的に明確にした.

著者関連情報
© 2016 社団法人 溶接学会
前の記事 次の記事
feedback
Top