溶接学会全国大会講演概要
平成28年度春季全国大会
セッションID: 304
会議情報

固有ひずみ理論とメッシュ細分割法に基づくコンター法
*黄 輝村川 英一
著者情報
会議録・要旨集 認証あり

詳細
抄録

コンター法は、試験片の寸法に制約されない簡便な残留応力測定方である。しかし、計測対象は切断面に対して対称である事が前提であり、溶接部端部のように非対称な部位への適用範囲を拡張するため、固有ひずみの概念とマルチレベルのメッシュ細分割法を導入したコンター法を開発した。

著者関連情報
© 2016 社団法人 溶接学会
前の記事 次の記事
feedback
Top