溶接学会全国大会講演概要
平成30年度秋季全国大会
会議情報

オーステナイト系ステンレス鋼表面の粒界性格分布制御の可能性
*宮口 雅也佐藤 裕藤井 啓道祖山 均粉川 博之鴇田 駿井上 裕滋門井 浩太
著者情報
会議録・要旨集 認証あり

p. 18-19

詳細
抄録

優れた耐食性を持つSUS316ステンレス鋼において、レーザーピーニングでの表面加工と熱処理を用いて粒界工学制御材を作製し、腐食の起点となる材料表面近傍のみへ粒界工学制御を適用することの可能性を調査した。種々の条件で加工熱処理を行った試料表面近傍の結晶粒界性格分布を観察し、腐食試験による耐食性の評価を行った。

著者関連情報
© 2018 社団法人 溶接学会
前の記事 次の記事
feedback
Top