溶接学会全国大会講演概要
平成30年度秋季全国大会
会議情報

抵抗スポット溶接継手の拡散性水素量測定方法の検討(第1報)
*三宅 彩香西 泰彦片岡 時彦池田 倫正
著者情報
会議録・要旨集 認証あり

p. 234-235

詳細
抄録

高張力薄鋼板は、強度の上昇にともないスポット溶接部の十字引張強度が低下する場合があり、要因として水素の影響が指摘されている。一方、水素量の測定方法は確立されていない。そこで本研究は、スポット溶接部の拡散性水素量測定法を検討した。その結果、水素量の測定には昇温脱離法が有効であることが示された。

著者関連情報
© 2018 社団法人 溶接学会
前の記事 次の記事
feedback
Top