溶接学会全国大会講演概要
平成30年度秋季全国大会
会議情報

コンタ法による溶接残留応力の高精度計測
*深澤 大志高倉 大典
著者情報
会議録・要旨集 認証あり

p. 310-311

詳細
抄録

コンタ法は従来の手法では得られなかった,板内部の残留応力を2次元分布で取得可能な測定技術として近年着目されている。しかし,降伏応力に達する高い残留応力の計測においてはコンタ法の切断工程中に生じる塑性変形により,計測精度が低下することが知られている。そこで,本研究ではFEM解析を用いて塑性変形を抑制する切断順序について検討し,切断順序の工夫により残留応力の計測精度が向上することを確認した。

著者関連情報
© 2018 社団法人 溶接学会
前の記事 次の記事
feedback
Top