溶接学会全国大会講演概要
平成30年度秋季全国大会
会議情報

回転式水冷分割銅板を用いた傾斜TIGアークのトモグラフィ計測
*相部 篤志野村 和史浅井 知
著者情報
会議録・要旨集 認証あり

p. 354-355

詳細
抄録

アークプラズマの物理特性である電度・入熱密度を把握する技術として水冷分割銅板を用いた手法が用いられているが,この手法では傾斜TIGアークのような非軸対象な入力を計測できない.本研究では,水冷分割銅板を回転させることで非軸対称な二次元分布を求めるトモグラフィ計測を行う.多方向から電流・入熱の積分値を得たのち,空間分解法を適用し,電流・入熱密度の二次元分布を算出し,実際の溶融池形状との比較を行った.

著者関連情報
© 2018 社団法人 溶接学会
前の記事 次の記事
feedback
Top