溶接学会全国大会講演概要
平成30年度秋季全国大会
会議情報

溶融鉄の表面張力に及ぼす酸素の影響に関する量子化学的検討
*髙原 渉三崎 拓哉浅井 知
著者情報
会議録・要旨集 認証あり

p. 378-379

詳細
抄録

16族元素である酸素は、溶融鉄の表面活性元素であることはよく知られているが、なぜ16族元素なのか、なぜ表面張力を大きく下げるのか、に関しては未だ不明な点が多い。本研究では、第2周期のホウ素、炭素、窒素、酸素をそれぞれ鉄表面に添加したクラスターモデルの分子軌道計算から、添加元素周囲の化学結合状態を調べた。その結果、酸素添加の場合は、表面原子と内部原子の共有結合性が特に低下することが明らかとなった。

著者関連情報
© 2018 社団法人 溶接学会
前の記事 次の記事
feedback
Top