溶接学会全国大会講演概要
平成30年度秋季全国大会
会議情報

高能率エレクトロスラグ溶接施工法の開発 第1報
*津山 忠久福本 智荻野 陽輔浅井 智
著者情報
会議録・要旨集 認証あり

p. 384-385

詳細
抄録

板厚60mm以上の極厚箱型断面柱の角継手部に2電極式エレクトロスラグ溶接を適用し,板厚60~80mmを1パスで溶接可能な施工法として確立した。従来適用してきた2電極式エレクトロガスアーク溶接法に比べ,スパッタおよびヒュームを大幅に低減することで溶接連続性が飛躍的に高まり,高品質な溶接部を得ることが可能となった。溶接金属部および熱影響部の機械的性質も良好であり,高性能・高品質を同時に達成した。

著者関連情報
© 2018 社団法人 溶接学会
前の記事 次の記事
feedback
Top