溶接学会全国大会講演概要
平成30年度秋季全国大会
会議情報

ハイブリッドタンデムマグ溶接法の実機適用における溶接変形の評価
*永井 卓也永井 卓也武田 裕之袁 倚旻山崎 圭
著者情報
会議録・要旨集 認証あり

p. 414-415

詳細
抄録

ハイブリッドタンデムマグ溶接法では、造船分野で多用されるプライマ塗布鋼板の水平すみ肉溶接において、大幅な気孔低減を実現できる。一方、本溶接法は、従来法よりも大入熱であること、先行極と後行極で入熱量に差があることから変形量が大きくなることが予想されるが、実機サイズ(造船・単板工法)に適用した場合の変形量を固有ひずみ法で解析した結果、実用上問題のないレベルであることが分かった。

著者関連情報
© 2018 社団法人 溶接学会
前の記事 次の記事
feedback
Top