溶接学会全国大会講演概要
平成30年度秋季全国大会
会議情報

中炭素鋼板の線形摩擦接合継手における微細組織分布
*尹 盛煜青木 祥宏藤井 英俊
著者情報
会議録・要旨集 認証あり

p. 76-77

詳細
抄録

線形摩擦接合(LFW)は、材料を線形運動で擦り合わせた際に生じる摩擦熱を利用した固相接合法である。継手の特性を制御するために接合部の温度分布は重要な因子であるが、未だにその分布は明確に明らかにされていない。本研究では、中炭素鋼板を用い種々の接合条件の線形摩擦接合継手において、微細組織から接合部の温度分布を予測し、その制御の向上を図る。\n

著者関連情報
© 2018 社団法人 溶接学会
前の記事 次の記事
feedback
Top