水道協会雑誌
Online ISSN : 2435-8673
Print ISSN : 0371-0785
「事例報告」
頓田貯水池における定期硫酸銅散布の藍藻類抑制効果
野見山 倫太郎前田 将輝加地 祐毅田中 俊夫筧 秀美
著者情報
ジャーナル フリー

2019 年 88 巻 4 号 p. 2-8

詳細
抄録

頓田貯水池では、しばしば藍藻類が著しく繁殖する。藍藻類によるアオコやかび臭の発生は、浄水処理に影響を及ぼすだけでなく、貯水池の周辺環境の悪化にも繋がる。このため、貯水池の藍藻類の監視に多大な労力を費やし、必要に応じ、硫酸銅を散布している。そこで、藍藻類の繁殖状況に関わらず定期的に硫酸銅散布を行い、未然に藍藻類の繁殖を抑制できるか否かの検証を行った。また、硫酸銅の散布方法は、空気揚水筒により水溶液を散布する方法と船上から直接粉末を散布する方法の2種類を試した。その結果、船上から散布する方法が有効であり、月一回の定期散布では、かび臭対策としては十分ではないが、藍藻類の抑制に一定の効果が認められた。

著者関連情報
© 2019 本論文著者
次の記事
feedback
Top