山階鳥類研究所研究報告
Online ISSN : 1883-3659
Print ISSN : 0044-0183
ISSN-L : 0044-0183
日本産カササギ Pica pica sersea の由来
史料調査による
江口 和洋久保 浩洋
著者情報
ジャーナル フリー

1992 年 24 巻 1 号 p. 32-39

詳細
抄録

1.史料に基づき,日本におけるカササギの生息の起源について検討した。
2.16世紀以前の史料にはカササギに関した具体的な記述はほとんどなく,17世紀以降の史料にはカササギの生息地,生息地域における呼称,習性などの記述が見られる。
3.17世紀以降の江戸時代には,カササギは福岡,佐賀両県の有明海沿岸(旧柳川,佐嘉藩領内)で多く目撃されている。
4.17世紀前半には,カササギが朝鮮半島より人為的に渡来したとの認識が広まっていた。
5.佐嘉藩ではカササギをもたらした人物の名が記録されている。
6.佐嘉藩ではカササギは捕獲禁止の対象となり,17世紀に禁止令が何度か発令された。
7.史料検討の結果,カササギは17世紀以降に朝鮮半島より旧柳川,佐嘉藩領内へ移植され,藩主の保護策により個体数を増加させたと,推測される。

著者関連情報
© 財団法人 山階鳥類研究所
前の記事 次の記事
feedback
Top