山階鳥類学雑誌
Online ISSN : 1882-0999
Print ISSN : 1348-5032
ISSN-L : 1348-5032
北海道十勝平野におけるオオジシギGallinago hardwickiiの生息数動向
北島 幸恵藤巻 裕蔵
著者情報
ジャーナル フリー

2003 年 35 巻 1 号 p. 12-18

詳細
抄録

北海道十勝平野において,オオジシギの生息数動向を明らかにするため,1978~1991年と2001年における38組の調査結果を比較した。調査地全体ではオオジシギの2km当りの平均個体数は,前回調査と比較すると有意に減少していた。環境ごとに区分して比較をしたところ,平均個体数は前回•2001年とも農耕地であった調査地では有意に減少したが,前回•2001年とも農耕地•林であった調査地,前回は農耕地•2001年は農耕地•林に変化した調査地では,有意な変化は見られなかった。オオジシギの生息地として草原と林が組み合わさった環境が適していると考えられ,農耕地•林では10数年の間で生息数は減少しなかったが,林のない農耕地では減少した。これは,生息数が減少する場合,まずあまり生息に適さない環境から減少することを示している。このほか,前回調査地のうち各種工事や自然災害により環境が大幅に変化して生息不適地になったところが10%近くあり,オオジシギの生息環境が減少していることも考えられる。

著者関連情報
© 財団法人 山階鳥類研究所
前の記事 次の記事
feedback
Top