化学と生物
Online ISSN : 1883-6852
Print ISSN : 0453-073X
ISSN-L : 0453-073X
セミナー室
カイコ胚休眠の分子機構
休眠ホルモンの合成と受容,休眠開始期に発現する遺伝子を中心に
柳沼 利信新美 輝幸塩見 邦博
著者情報
ジャーナル フリー

2008 年 46 巻 3 号 p. 206-213

詳細
抄録

昆虫およびカイコの休眠の一般的な現象と意義については,これまでにいくつかの総説があるので,それら(1~4) を参照いただくこととして,ここでは,カイコの胚休眠研究の中で特に筆者らが進めている3つの課題を中心に最近の知見を紹介したい.

著者関連情報
© 2008 by Japan Society for Bioscience, Biotechnology, and Agrochemistry
前の記事 次の記事
feedback
Top