化学と生物
Online ISSN : 1883-6852
Print ISSN : 0453-073X
ISSN-L : 0453-073X
解説
ゲノム合成の実践とゲノム活用の将来
板谷 光泰
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 50 巻 1 号 p. 30-35

詳細
抄録

今や,どのような生物種のゲノムでも塩基配列決定が迅速にできる時代になった.対照的なのがゲノムを合成する技術で,扱うゲノムが高分子巨大DNAであるために,クローニングはおろか,ゲノムを日常的に操作する共通の手法すらなかった.最近2つのグループが,ゲノムは丸ごとクローニングして操作できることを実証した.バクテリアゲノム工学の概念を根本から変えるこの成果は,しかしながら巨大DNAであるゲノムを扱う困難さとコスト高のせいで,汎用技術になるにはまだ時間がかかりそうである.どんなゲノムでも合成できる汎用性の高い系は確立できるのか,またそのような系で得られる合成ゲノムが,ライフサイエンス分野でどのような応用が可能か,その現状を述べる.

著者関連情報
© 2012 by Japan Society for Bioscience, Biotechnology, and Agrochemistry
前の記事 次の記事
feedback
Top