化学と生物
Online ISSN : 1883-6852
Print ISSN : 0453-073X
ISSN-L : 0453-073X
解説
TRPチャネルがさまざまな刺激に応答できる仕組み
伊原 誠山下 敦子
著者情報
ジャーナル フリー

2014 年 52 巻 1 号 p. 48-53

詳細
抄録

TRPチャネルは,同一のチャネル分子が,温度や浸透圧などの物理刺激,種々のリガンドなど多様な刺激に対して応答するという機能的特徴であるマルチモーダルな制御機構をもち,生体内においては,感覚受容からカルシウムホメオスタシス維持にまで広く関与することが明らかになっている.しかし,TRPチャネルがどのような仕組みで多様な刺激に応答できるのかは明らかになっていない.ここでは,筆者らが最近明らかにした,赤カビ病菌のTRPチャネル(TRPGz)を中心に,それが浸透圧や温度変化,酸化ストレスなどさまざまな刺激に応答できる仕組みについて紹介する.

著者関連情報
© 2014 by Japan Society for Bioscience, Biotechnology, and Agrochemistry
前の記事 次の記事
feedback
Top