化学と生物
Online ISSN : 1883-6852
Print ISSN : 0453-073X
ISSN-L : 0453-073X
解説
子宮内高血糖環境より胎児の心臓を保護するω-3系不飽和脂肪酸の役割
糖尿病妊婦にとっての妊娠期のエイコサペンタエン酸の摂取
中村 彰男河原田 律子
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 55 巻 5 号 p. 319-325

詳細
抄録

胎児期の子宮内環境が生まれてきた子どもの将来の疾病に影響を及ぼすことがいくつかのコホート研究により明らかになりつつある.現在では妊娠期の低栄養環境が生活習慣病の発症に深く関与するというDevelopmental Origins of Health and Disease(DOHaD)という概念が提唱されている.では,糖尿病の妊婦のように子宮内が高血糖という過栄養環境ではどのようなリスクがあるのだろうか? 本稿では妊婦の子宮内高血糖環境がもたらす子どもへのリスクとそれを改善するω-3系不飽和脂肪酸の役割について解説する.

著者関連情報
© 2017 公益社団法人 日本農芸化学会
前の記事 次の記事
feedback
Top