土木学会論文集B2(海岸工学)
Online ISSN : 1883-8944
Print ISSN : 1884-2399
論文
微細土砂の巻き上げを考慮した粒子法鉛直噴流洗掘解析
五十里 洋行後藤 仁志反保 朋也江尻 知幸
著者情報
ジャーナル フリー

2015 年 71 巻 2 号 p. I_19-I_24

詳細
抄録

 巨大津波による防波堤の倒壊事例では,越流水の落下流による防波堤背後の砂地盤洗掘が主たる原因の一つである.本研究では,越流洗掘現象の再現の基礎的検証として,実験室規模の鉛直噴流洗掘計算を粒子法を用いて実施する.まず,砂地盤変形の精度を高めるために,応力・ひずみ速度に依存して値が増減する係数を適用した拡散項を砂地盤変形モデルに導入し,砂柱崩壊計算を通じてその効果を検証したところ,堆積形状や崩壊過程に関して既往の実験結果との良好な一致が確認できた.次に,鉛直噴流計算において,計算粒径以下の粒径の微細土砂に対して,巻き上げ・移流・拡散・沈降・堆積の全過程を一貫して記述できるサブモデルを導入したところ,継続した洗掘の進行の再現が可能となり,最大洗掘深についても既往の水理実験結果と良好に対応した.

著者関連情報
© 2015 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top