土木学会論文集B2(海岸工学)
Online ISSN : 1883-8944
Print ISSN : 1884-2399
ISSN-L : 1883-8944
論文
海氷群を伴った遡上津波のピロティ形式の建築物への作用に関する研究
木岡 信治遠藤 強竹内 貴弘渡部 靖憲
著者情報
ジャーナル フリー

2015 年 71 巻 2 号 p. I_919-I_924

詳細
抄録

 本研究では,海氷群を伴った遡上津波による,津波避難施設等にも採用されているピロティ構造への作用形態やリスク等を明らかにするため水理模型実験を実施した.氷群や多量の漂流物がない場合には,ピロティ構造が有効であることを確認したが,氷群存在時には,氷群が柱間で閉塞(ジャム形成)して,流れをせき止め,水位が大きく上昇する事,氷群による衝突力に続き,氷群なしに比べ1オーダー大きい主流方向の静的な荷重が持続する事,同時にその荷重と同程度の鉛直上向の荷重も作用する事,等が分かった.大量の漂流物が存在する場所でのピロティ構造や窓等の開口を有する施設の設計には,その部分の津波力低減を考慮しない方が安全側である事,避難に際しては,水位上昇や氷塊のパイルアップにより,通常の津波時より高所へ避難する必要がある事が提言できた.

著者関連情報
© 2015 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top