土木学会論文集B2(海岸工学)
Online ISSN : 1883-8944
Print ISSN : 1884-2399
ISSN-L : 1883-8944
論文
津波による衝撃波圧から持続波圧への遷移過程と内部流速場の関係
水谷 夏樹宮島 昌弘
著者情報
ジャーナル フリー

2015 年 71 巻 2 号 p. I_937-I_942

詳細
抄録

 本研究は,鉛直壁に衝突する陸上遡上津波の内部流速場を可視化計測し,波圧や水位の同時計測結果と併せて,衝突流速が支配的となる衝撃波圧から浸水深が支配的となる持続波圧への遷移過程を明らかにしたものである.津波が鉛直壁に衝突すると鉛直壁と底面との隅角部において大規模な渦が発生する.津波の主流はその渦の上部を流れるようになるため,底面付近は主流が直接衝突しなくなることから動圧分の波圧が低下し,その時の打ち上がり水位による静水圧となる.一方,渦の上部においては主流が角度をもって衝突することから,底面付近に生じる衝撃波圧よりは小さいものの衝撃波圧が発生することが分かった.また,鉛直壁によって打ち上がった水塊が落水する瞬間にすべての高さの波圧が極大値を持ち,その時に水平波力が最大となる場合があることが分かった.

著者関連情報
© 2015 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top