土木学会論文集B2(海岸工学)
Online ISSN : 1883-8944
Print ISSN : 1884-2399
ISSN-L : 1883-8944
論文
段波状津波作用時のコンクリート構造物の変形に関する流体-構造解析
川崎 浩司坂谷 太基野中 哲也
著者情報
ジャーナル フリー

2015 年 71 巻 2 号 p. I_949-I_954

詳細
抄録

 本研究では,段波状津波作用時におけるコンクリート構造物の変形に対して3次元流体-構造解析が可能な数値モデルとして,気液二相流体モデルOpenFOAMと構造解析モデルSeanFEMを組み合わせたモデルを構築し,その妥当性と適用性について検討することを目的としている.まず,OpenFOAMを用いて,既往の水理模型実験の再現計算を行った結果,砕波や段波衝突時の跳ね上がり等の3次元的な複雑な水理現象を適切に再現可能であることを示した.また,コンクリート構造物に作用する圧力の時系列変化を既往の実験結果と比較することにより,本モデルが段波状津波と構造物の衝突問題に対して良好な再現性を有していることを検証した.

著者関連情報
© 2015 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top