土木学会論文集B2(海岸工学)
Online ISSN : 1883-8944
Print ISSN : 1884-2399
ISSN-L : 1883-8944
論文
堆積泥を燃料とする微生物燃料電池における石炭灰造粒物の有効利用
TOUCH NARONG金城 信隆日比野 忠史中本 健二
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 72 巻 2 号 p. I_1327-I_1332

詳細
抄録

 堆積泥を燃料とする微生物燃料電池(Sediment microbial fuel cell: SMFC)は有機物分解を促進させるが,電極への電子伝達速度が低く,堆積泥の酸性化等の問題が残されている.本研究ではSMFCにおける電子伝達速度の向上,酸性化の緩和,および栄養塩類の固定に対する石炭灰造粒物(Granulated Coal Ash: GCA)の効果を室内実験により明らかにする.下水放流を受けた海域から堆積泥を採取し,GCAと混合した堆積泥からSMFCで電子回収を行った.実験終了後,各ケースの間隙水質,上層水,および堆積泥の性状を比較し,GCAの効果を検討した.この結果,GCAの混合により電極への電子伝達速度が向上されること,電子回収に伴うpHの低下を防ぐこと,および有機物分解に伴う栄養塩類,特にPO4を高い効率で固定できることがわかった.さらに,電子回収はGCAの効果を高めることが明らかになった.

著者関連情報
© 2016 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top