J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

土木学会論文集B2(海岸工学)
Vol. 72 (2016) No. 2 p. I_451-I_456

記事言語:

http://doi.org/10.2208/kaigan.72.I_451

論文

 日本原子力研究開発機構で開発された海洋拡散予測システムの沿岸海域での高精度化を図るため,気象研MOVEと多段ネストROMSを用いたダウンスケーリングに基づく高解像度海洋モデルを導入した.新システムを福島第一原発事故に適用することで,現行システムでは再現することが困難であったサブメソスケール渦の消長に伴う137Csの3次元的な混合と海洋中移行過程の解析精度検証を行った.高解像度モデルによる流速場・乱流強度等の再現性は良好であり,低解像度モデルと比較して137Cs濃度分布の再現性の向上が確認された.事故直後の福島県沖海域では,季節的な海面冷却などによって強いサブメソスケール渦が発達し,それに伴う強い鉛直流によって137Csが中深層へ活発に輸送されていた.

Copyright © 2016 公益社団法人 土木学会

この記事を共有