土木学会論文集B2(海岸工学)
Online ISSN : 1883-8944
Print ISSN : 1884-2399
論文
高精度自由表面境界モデルを用いた粒子法のスロッシング現象への適用
鶴田 修己後藤 仁志鈴木 高二朗Abbas KHAYYER下迫 健一郎五十里 洋行
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 72 巻 2 号 p. I_49-I_54

詳細
抄録

 堤体に作用する高波などの非定常性の高い波・流れは境界条件によって容易かつ複雑にその様相が変化するため,設計波力の算定において,境界条件の設定が簡便な数値波動水槽による水理実験計測の代替・補助的活用が期待される.完全ラグランジュ型手法である粒子法は,流動粒子の挙動を移流項の数値拡散無く追跡が可能であり,高精度スキームの発展に伴って非定常波浪場への適用事例が増えつつある.一方で,粒子法における精度確保の根幹たるkernel関数の高精度スキームへの適用性については議論が不十分である.本研究では,kernel関数による高精度微分演算モデルの収束性を検討するとともに,高精度自由表面境界モデルへ高次kernel関数を新たに導入し,スロッシング現象のベンチマークテストから圧力擾乱の改善を確認した.

著者関連情報
© 2016 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top