土木学会論文集B2(海岸工学)
Online ISSN : 1883-8944
Print ISSN : 1884-2399
ISSN-L : 1883-8944
論文
礫と砂の含有率が異なる海浜の波浪応答に関する実験的研究
小林 昭男宇多 高明野志 保仁吉野 貴之
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 72 巻 2 号 p. I_655-I_660

詳細
抄録

 礫に砂が混ざると礫浜が不安定となり,前浜に堆積しにくくなる現象について,二次元移動床模型実験により検討した.中央粒径が7.0 mmの礫に0.3 mmの中砂を混合し,礫と砂の含有率を変えて混合した材料により整形した一様勾配海浜の波に対する応答性の違いを調べた.この結果,岸向き漂砂が卓越し,前浜に礫が堆積するA型と,沖向き漂砂が卓越し,前浜が削られるE型の地形変化は,透水係数kが0.7 cm/s以上と0.4 cm/s以下により区分されることが分かった.

著者関連情報
© 2016 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top