土木学会論文集B2(海岸工学)
Online ISSN : 1883-8944
Print ISSN : 1884-2399
ISSN-L : 1883-8944
論文
鹿島灘・九十九里浜沿岸域における流動数値モデルの検討
遠藤 次郎杉松 宏一八木 宏宇田川 徹小口 哲史大村 智宏中山 哲嚴
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 73 巻 2 号 p. I_1171-I_1176

詳細
抄録

 開放性沿岸域である鹿島灘・九十九里浜沿岸海域において,流動特性・物理環境特性を把握するために,超音波多層流速計・水温塩分計を用いた係留系観測および多項目水質計を用いた鉛直断面観測の現地観測結果と,Princeton Ocean Modelをベースとした数値計算結果を比較することにより,数値モデルの再現性について検討を行った.計算結果は,潮汐による水位変動,低気圧の通過に伴う流速の増大や観測前半の水温・塩分変動など観測結果を比較的良好に再現していた.また,北寄りの風が強化されることで南向きの流れが卓越し,利根川由来の低塩分水が犬吠埼を回り込むように九十九里浜沿岸に波及することが示唆された.一方,観測期間中,水温・塩分の上昇から,暖水が沿岸域へ張り出す暖水舌が形成されていたことが確認されたが,計算では再現されなかった.

著者関連情報
© 2017 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top